読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃじるしの遊び日記

かわいい遊びのブログ

ちゃじるしの質素なごはん(行者にんにく)

https://www.instagram.com/p/BGZa0lSjFOi/

ごはんの上に葉っぱだけ……

 

来月は健康診断があるし、最近お金使いすぎたから秘密兵器を解禁にする。一か月ちょっと漬けてた『行者にんにくの醤油漬け』を開封しました。

f:id:Chajirushi:20160608223650j:image

行者にんにくは春に入手できる山菜で、にんにく風味の葉っぱ。食べ方はいろいろあるけど醤油漬け、しかも醤油だけで漬けたものが最高に美味しいです。

 

用意するもの

行者にんにく、醤油、蓋ができる容器。容器はきれいなものでお願いします。できれば熱湯をかけて殺菌してください。

 

作りかた

行者にんにくの茎の先っぽを切り落とし、きれいにします。赤いひらひらがついていますが、簡単に剥がせるので取りましょう。これで下ごしらえは終わり。わたしは写真のように茎と葉っぱを切り分けるだけで漬けますが、お好みで、また容器に合わせて、カットしてください。

 

f:id:Chajirushi:20160608225821j:image

 

あとは容器に行者にんにくを詰め込み、すべてが浸かるまで醤油を注ぎこみます。わたしはジャーを使いますが、平たいタッパーのほうが詰めやすいかもしれないです。ジャーの場合、箸で押し込むといいです。

 

f:id:Chajirushi:20160608231639j:image

 

一週間後から美味しく食べられますが、なんと漬けてから1年は保存できますので、我慢して仕込むのもロマンがあります。途中でちょいちょい食べるのもいいですが、たいてい美味すぎて全部食べてしまうことになります。

 

ごはんに乗せてよし、胡椒をぬいたペペロンチーノに乗せてもいいし、薬味として冷奴などにも合います。噛んだとたんに広がる風味と、ちょっとだけ染み出るお醤油がたまりません!

 

また漬けた醤油は、自動的に風味豊かな行者にんにく醤油に昇格します。これが尋常でない美味しさでして、一番のオススメは、白飯にちょいとたらすだけの食べ方。醤油がまろやかになっており、もはや秘伝のタレと化しております!また、チャーハンや炒め物の隠し味や、カツオの刺身なんかにもいいです。

 

お読みいただき、ありがとうございました!