読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃじるしの遊び日記

かわいい遊びのブログ

絶景の猿島で秘境体験してきた(横須賀・猿島)

かわいい旅 デート 神奈川 ちゃじるし特選

f:id:Chajirushi:20160626214342j:plain

東京湾に浮かぶ唯一の自然島にして無人島の『猿島』に行ってきた。行き方はとても簡単で、京急横須賀中央駅で降り、三笠公園の桟橋から船に乗り、10分足らずで到着となる。ちゃじるしも10時半にお家を出て、たっぷり遊んで帰ってきた。お寝坊さんにも優しい秘境なのだ。


f:id:Chajirushi:20160626215558j:plain

ずっとポッケに入れてたからしわくちゃだけど、こんな感じで一時間に一本運行してる。船はけっこう大きいから、行列ができてても案外乗れる。乗船時間が短いので船酔いの心配は無用。料金は大人で1300円の往復運賃+200円の入園料。満足度からしてかなり安い。


f:id:Chajirushi:20160626220727j:plain

のんびり13時30分のに乗ることにした。戦艦三笠を前に、品川駅エキュートで買ったミサイルみたいなおにぎりを食べた。横須賀にはJRでも行けるけど、品川か横浜で京急に乗り換え、横須賀中央駅で降りたほうがいい。


f:id:Chajirushi:20160626222049j:plain

戦艦三笠の近くにある三笠桟橋から船に乗る。桟橋の前にある『猿島航路チケット売場』で券を買っておこう。


f:id:Chajirushi:20160626222429j:plain


出航して3分くらいで見えてきた。あれが猿島だ。その昔、日蓮上人が房総から鎌倉に帰る際に嵐に遭い、この島に避難したそうだ。すると白猿が現れ、島を案内してくれたから猿島と呼ぶ説がある。見た目は金田一耕助の『獄門島』にそっくりだ。


f:id:Chajirushi:20160626223615j:plain

ほどよく人がいる。このエリアがビーチになっていて、7月中旬からは海水浴場になる。レンタルショップがあるので、好きな食材を持ち込みバーベキューをすることもできる。


f:id:Chajirushi:20160626231105j:plain

上陸直後の海。こんな簡単に来れるところとは、とても思えない美しさ。


f:id:Chajirushi:20160626231451j:plain

さて、島の面積は横浜球場の4倍くらい。かつて旧陸・海軍の要塞であったため、一般人が入れなかった背景がある猿島は、大自然と歴史遺産が保存されている。散策にあたり『仙人杖』なるものが用意されていたので、せっかくなのでお借りした。最初は、いらぬ棒を手にしてしまったと思ったが、後々ありがたみがよくわかった。お世話になりました。


f:id:Chajirushi:20160626232823j:plain

明治時代中期の発電所の一部。大自然と人工物が融和しているのが猿島の魅力だ。


f:id:Chajirushi:20160626233427j:plain

どうやって伸びてきたのか、頭上に咲く紫陽花を初めて見た。島は鳥の鳴き声が絶えず、綺麗な蝶も何度か目にした。


f:id:Chajirushi:20160626233734j:plain

f:id:Chajirushi:20160626234619j:plain

レンガ造りのトンネル。『フランス積』といい、富岡製糸場など国内に4件のみ。


f:id:Chajirushi:20160626234849j:plain

前述の日蓮上人がいらっしゃった。


f:id:Chajirushi:20160626235056j:plain

久しぶりに海に出た。『ヨネノ根』という場所で複雑な岩場だった。釣り人も少しいた。


f:id:Chajirushi:20160626235509j:plain

f:id:Chajirushi:20160626235415j:plain

https://www.instagram.com/p/BHH00CThm3N/

小さな魚やカニ、ヤドカリがいて楽しかった!



f:id:Chajirushi:20160626235728j:plain

この展望台は、仮面ライダーのショッカーのアジトとして何度かロケに使われたそう。他にも遺跡はたくさんあった。


f:id:Chajirushi:20160627000133j:plain

ビーチに戻ってきた。ここで『七里ヶ浜』の回と同様、リュックに詰めてきたサンダルに履き替え、水遊びをした。


f:id:Chajirushi:20160627000545j:plain

冷たくて気持ち良かった。足洗い場が設置されていたので、靴に戻るのも楽だった。


f:id:Chajirushi:20160627000802j:plain

帰りの船。行きと同じで、こんな船です。都心からすぐの自然島、また行きたい!


f:id:Chajirushi:20160627001114j:plain



お読みいただき、ありがとうございました!